• 無料メルマガ 寝てても売れるマーケティング戦略研究所

  • FBいいね!



  • 記事の更新通知を受け取る

    カテゴリー

    タグクラウド

    アンソニー・ロビンズの10日間メンタルチャレンジ

    2018/05/19

    アンソニー・ロビンズの「人生を変えた贈り物 あなたを決断の人にする11のレッスン」という本に、10日間メンタル・チャレンジというエクササイズが書かれています。これをすることで、精神状態が非常によくなります。

    毎日がつまらない、という人でも、毎日が楽しくなります。

    やり方は以下のようなものです。

    1.これから10日間、マイナスの考え、感情、疑問、言葉、メタファー(比喩)には一切しがみつかない

    2.もしネガティブなものにフォーカスしている自分に気がついたらーきっとそうなるはずだーすぐに、自分をいい状態に持って行ってくれる質問をする。最初はレッスン6の「問題解決のためのクエスチョン」から始めよう。

     問題解決のためのクエスチョン

      1.この問題の「すばらしい点」は何だろう?

      2.まだ「完全でない点」は何だろう?

      3.望むような解決のために進んでしようと思うことは何だろう?

      4.望むような解決のために進んで止めようと思うことは何だろう?

      5.望むような解決のために必要なことをして、しかもそのプロセスを楽しむには、どうすればよいだろう?

    3.朝、目が覚めたら「朝のパワーアップ・クエスチョン」をする

     朝のパワーアップ・クエスチョン

      1.今の人生で「幸福なこと」は何だろう?どんな点が幸福なのだろう?そのことでどんな気分になれるだろう?

      2.今の人生で「ワクワクすること」は何だろう?どんな点でワクワクするのだろう?そのことでどんな気分になれるだろう?

      3.今の人生で「誇れるもの」は何だろう?どんな点が誇れるのだろう?そのことでどんな気分になれるだろう?

      4.今の人生で「感謝できること」は何だろう?どんな点が感謝できるのだろう?そのことでどんな気分になれるだろう?

      5.今の人生で「楽しいこと」は何だろう?どんな点が楽しいのだろう?そのことでどんな気分になれるだろう?

      6.今の人生で「打ち込めるもの」は何だろう?どんな点が打ち込めるのだろう?そのことでどんな気分になれるだろう?

      7.私は「誰を」愛しているだろう?「誰が」わたしを愛してくれているだろう?どんな点がわたしを愛情豊かにしてくれるのだろう?そのことでどんな気分になれるだろう?

      寝る前に「夜のパワーアップ・クエスチョン」

      1.今日は何を「与えた」だろう?どんな点で与える側に回っただろう?

      2.今日は何を「学んだ」だろう?

      3.今日はどんな点で人生の価値を高めただろう?将来への投資として、今日をどのように使えばいいだろう?

    これで驚くほど明るい気分が持続するはずだ。

    4.これからの10日間は、問題ではなく解決策だけに意識のフォーカスを当てる。

    5.じめじめした考え、疑問、感情などをいだいても、決して自分を責めないで、すぐに気分を変える。もし、それでも5分間以上そういう状態が続いた場合は、翌朝まで待ってもう一度、1日目からやり直す。

    詳細は以下の本をご覧下さい。アンソニーの本の中でも一番わかりやすく、深いところまで書いてあります。

    「人生を変えた贈り物 あなたを決断の人にする11のレッスン」

    マーケティング・コーチとは何をする人か?メリットは?

    2018/05/06

    マーケティング・コーチとは、文字通り、マーケティングについてコーチングをするコーチのことです。

    しかしながら、マーケティングには非常に多くの側面があり、一説には全社のあらゆる部署とつながるハブのような役割を持っているといわれています。つまり、企業活動の全ての中心はマーケティング部門である、と言われています。

    もちろん、会社にとって、理念、ビジョン、全社戦略も重要ですが、売り上げを上げて、会社を維持するには戦略マーケティングがどうしても必要になります。

    新製品を企画する場合も、マーケティング部門が調査をし、商品コンセプトを決めて、開発部に送ります。開発部はマーケティング部が作った製品コンセプトが可能か、どう実現するか、に知恵を絞り、新製品を開発します。

    その過程でマーケティング部員とも密に連絡を取って、製品スペック(製品の仕様)を決めていきます。

    私は、日本でも有数のマーケティングが得意な会社にいて、ヒット商品が開発される現場を何十年もにわたってみてきています。

    その中では、MBAで習うフレームワークを駆使するのは最低限のお約束で、開発者全員がMBAのフレームワークを駆使して製品を開発していました。

    そうした経験から私は戦略マーケティングが非常に得意です。それに加えて、グロービスマネジメントスクールのトップクラスの講師からMBA式の大企業に適したマーケティング戦略や経営戦略を会社の研修で学びました。

    このようなMBA式の戦略マーケティングや経営戦略は日本の大学では普通教えてくれないものですが、会社での製品戦略では最低限知っておくべき必須知識と考えています。

    私が会社で学んだ戦略マーケティングは、MBA式なので、大企業に向いていますが、もちろん、個人起業でも使える部分も多数あります。製品のポジショニングなんかは大企業も個人事業主も本質部分は同じです。

    マクロ環境分析、SWOT分析、ターゲティング等も企業も個人も本質は同じです。ターゲティングの対象は異なる可能性もありますが。

    しかし、私は、会社を辞めて個人起業したのでと、個人向けのマーケティング戦略も学ぶことにしました。それはジェイ・エイブラハムという講師からで、日本でジェイのマーケティング大学というのがあったのでそこで1年学び、それ以外にも、ジェイの講演等で3日間で70万円の講座にも何度か出ました。

    そうしたMBA式大企業マーケティングと個人向けのジェイ・エイブラハムのマーケティングに基づく、私のマーケティング・コーチは、上述の世界最先端の戦略マーケティングの知識・経験をバックグラウンドに持ったうえで、お客様の中に眠るマーケティング戦略を引き出します。

    何の知識もなくマーケティング・コーチを名乗る人もいるようです。しかし、浅い知識のマーケティングしか知らない人がコーチをするのと、大企業で世界最先端の戦略マーケティングを学んだ人がマーケティングをコーチするのとでは、レベルが違います。

    ぜひ、本物のマーケティング・コーチについて結果を出して欲しいと願っています。

    お問合せは下記からお願いします。

    お問合せフォーム

    無料メールマガジンも発行しています。メールマガジンでは、ブログに書かない最新の内容も公開しています。セミナー等のイベント等もこちらでお知らせします。

    マーケティング・コーチのメールマガジン登録フォーム

    戦略とは、リーダーとしての生き方そのもの ハーバード戦略教室

    2018/04/29

    マーケティング・コーチの今日の名言です。

    【名言144】
    以前は戦略を問題の解決策と見なしていたが、今ではリーダーとしての生き方そのものだと考えるようになった。
    (ミゲル・アギルズ インク・フォー・レスの創業者「ハーバード戦略教室」より)

    戦略とは価値を生み出し続けるシステムです。

    経営者にとって、それは生き様そのものとも言えるでしょう。

    経営者は、会社の業務についても柔軟に見直していく必要があります。

    ときには全面的に戦略を見直し、過去の成功の土台となったものを捨てる必要が出てくるかも知れません。

    そして、それにより、覚醒が起こることがあります。そしてその覚醒は周囲の人にも影響を及ぼします。

    それが、戦略がリーダーの生き様そのもの、つまり、価値を生み続ける生き様そのものなのでしょう。
    (「ハーバード戦略教室」より)

    グーグル、アップル、マイクロソフト、インテル等のベンチャー企業の経営者達は常に価値を生み出し続けています。それは、価値を高め続けるシステムを持っている戦略家だからでもあり、その生き方そのものが戦略的だからとも言えると思います。

    誰でも、昨日より今日、今日より明日、と成長したいと願っているはずです。ストラテジストは、まさにそれを実現しているリーダーです。

    戦略により価値を生み出し、それにより、人間的にも覚醒し、成長していくのが真のストラテジストの生き様と言えるのかも知れません。

    戦略と戦術は、相対的なもので、例えば、全社戦略に対しては、事業部のやっていることは戦術、これに対し、事業部戦略を課が戦術に落とし込む、というように、会社上の位置によって、戦略と戦術の関係が決まる、という見方もあります。

    つまり、相対的により上位のものが戦略、下位のものが戦術というわけです。全社戦略ー事業部戦術、事業部戦略ー各課の戦術、各課の戦略ー部員の戦術、といった感じでしょうか。

    しかし、もし、戦略が経営者の生きざまそのものだとしたら、戦略、戦術のとらえ方も変わってきます。

    戦術にも経営者の生きざまが反映される必要があります。

    経営者の生きざまは、会社の理念、ミッションにもつながります。理念があって、ビジョンができ、会社の戦略がそれに従って立てられます。

    生きざま、つまり、人格を向上させ続けることが、戦略そのもの、と言えるでしょう。

    その意味で、会社経営すなわち、人生。会社経営は、人格を磨く場だと思います。

    コーチングの限界と戦略、戦術、具体的テクニック

    2018/04/25

    成功法則を教えている人や成功コーチが必ずしも大富豪でないのはなぜなのでしょう?

    私はいつもそれが不思議でした。

    例えば、世界No1コーチと言われるアンソニー・ロビンズも一時経済的に厳しい時期があり、その時にジェイ・エイブラハムというマーケティング・コンサルタントからマーケティングを教わってから経済的に成功したと言われてます。そのため、アンソニー・ロビンズはジェイを、サー・ジェイ・エイブラハムとサーの称号を付けて呼ぶそうです。

    それ以外にも、夢は叶う、という成功法則を教えている人(夢実現の専門家)がかつて東大に落ちたり、その息子さんも東京大学に合格できなかったりしたという話も聞きます。

    宝地図ナビゲーターという夢実現の講師達も、多くが札束を宝地図(ドリーム・マップ、ビジョン・ボード)に貼っていましたが、億万長者になった、という話は聞きません。

    本来成功法則とは普遍的なものなので、世界No1コーチや成功法則のセミナーをやっている講師が大金持ちになれなかったり、子供の成績を上げられない、というのは不思議な話です。

    とはいえ、アンソニー・ロビンズにしても、成功法則の講師にしてもそのやり方を学んで大きな成果を出す人もいます。アンソニー・ロビンズのコーチングを受けている投資家の中には、年収1兆円の人もいるそうです。それに対して、教えているアンソニー・ロビンズは年収30億円ですから、ちょっと笑えますね。ただ、今ではアンソニーもお金儲けがうまくなり、数百億円の年収になっているようですが。

    この違いは何なのでしょうか?

    私が思うには、コーチや成功法則はあくまで総論であって、各論は別に必要、という立場です。戦略と戦術の関係に似ていると思います。

    お金儲けについては、総論的には、お金に関するリミティング・ビリーフを見つけ、それを力を与えるエンパワーリング・ビリーフに変え、行動計画を立てて大量行動すればお金持ちに成れる、ということになります。

    しかしながら、マーケットはどんどん変化しますし、売り方もインターネットの出現で過去のモデルとはずいぶんと変わっています。そうしたことを知らずに精神的な面だけで、やればできる、と頑張ってみても、日本軍が竹やりでB29を落とそうとしているようなもので、勝てるわけがありません。

    もちろん、精神的な面は非常に重要です。よく精神面が成功の8割を占めるなどと言われます。しかし、それがものすごく強い覚悟とか背水の陣のような絶対的決断でなければ、上のやり方ではお金持ちになることはできないでしょう。

    では、他に何が必要なのでしょう?

    それは戦略、戦術です。マーケティング戦略を立て、戦術も作って実行する必要があります。

    上のアンソニー・ロビンズの場合は、フロント・エンドからバックエンドへの流れをうまく作ることで大成功しました。その収入は年間30億とも100億とも言われています。これはジェイ・エイブラハムのマーケティング戦略という知識を導入したことで得られました。

    受験勉強についても同じです。

    最高の集中力で1日18時間の猛勉強をすれば東京大学に合格できる、というのは真実です。

    しかしながら、それがわかっていても、どうやって18時間集中して勉強するか、という具体的なノウハウがなければ合格は不可能です。

    つまり、精神面だけでなく、具体的なテクニックも知らないと成功法則セミナーに出たり、成功コーチにコーチングを受けても成功できない可能性がある、ということです。

    成功法則の本を読んでもうまく行ってない人は、こういう戦略、戦術を学んでみることをお勧めします。

    こちらは、成功法則と具体的なテクニックの両方を書いた成功法則に基づく勉強方法のテキストです。これを使うことでビリからでも東京大学に入ることができます。受験生、受験生をお持ちの親御様にお勧めいたします。難関資格試験の合格者も出ています。

    ビリからでも東大に入れる成功法則を活用した受験勉強法

    大量行動すれば全ての問題を解決できるか?アンソニー・ロビンズの言葉

    2018/03/28

    アンソニー・ロビンズが2014年4月に来日したとき、大量行動は全ての問題を解決する、と言い切り、なるほど、と思ったものです。

    確かに、猛練習すればスポーツでも勝てるようになるでしょうし、猛勉強すれば、志望の大学にも入れ、難関資格試験にも合格できるでしょう。昼夜を問わず研究に没頭すれば、大発見ができるでしょう。大量に営業すれば売上も上がるでしょう。あらゆる集客方法、マーケティング方法、セールスを試せば、うまく行く方法も見つかるでしょう。

    そういう意味では大量行動は全ての問題を解決する、というのは真理だと思われます。

    そして、コーチングのクライアントにもこの言葉は伝えるようにしています。

    しかし、大量行動すれば本当に全ての問題が解決できるのでしょうか?

    大量に練習したり、勉強したりすることはやろうと思いさえすれば、誰でも可能でしょう。

    でも、大量に練習したら、誰でもがオリンピックや全日本選手権、インカレ、インターハイで優勝できるでしょうか?

    大量に勉強したらハーバード大学、東大や医学部に合格できるでしょうか?司法試験に合格したり、ノーベル賞が取れるでしょうか?

    実際には、ものすごく努力しても合格できない人もいます。東大医学部を目指して5浪している人や、10浪してようやく東大法学部に入ったけど、浪人が長すぎて就職できなかった人も現実にいます。

    司法試験では、必死で勉強しても合格できず諦めて行く人も大勢います。法科大学院を卒業しても3振して再度法科大学院に入りなおす人もかなりいるそうです。猛勉強するだけで合格できる試験ではなく、情報や正しい勉強法をすることも重要なようです。

    これらを考え合わせると、アンソニー・ロビンズが言うように、大量行動すれば全ての目標を達成できる、とまでは言えないような気がします。できない場合もありそうに思えます。オリンピックの優勝者は1人だけですから、大量行動すれば誰もがオリンピックで優勝できる、というのは理論的に考えても無理でしょう。

    とはいえ、大量行動することで無意識のうちに成功への道(アイデア)が見えてくることはあると思います。また、覚悟を決めることで神意が動き出す、とも言われます。必死で大量行動していると、神意が動きだし、自然に目標が達成できる場合もあります。

    そういう意味では、寝ても覚めても常にその目的のことを考え続け、大量行動すれば、大抵のことは実現できるように思います。ただし、競争で世界で1人しかできない、というようなことについては、誰もが大量行動して必死で優勝を狙っていますから、必ずしも目標を確実に達成できるとは限らないと思われます。スポーツでは練習し過ぎて疲労骨折でオリンピックに出場できなかった野口みずき選手のようなケースもありますから。

    競争以外であれば、大量行動は全ての目標を達成できる、と言えるのかも知れません。

    では、競争の世界において、優勝や、合格という目標を達成するには何が必要なのでしょうか?

    それは、大量行動に加えて、絶対に優勝する、という強い気持ちが必要です。

    他人を押しのけてでも絶対に成功する、という強い気持ちがあれば、優勝に近づけるでしょう。しかし、それだけでも足りない気がします。もう一つ必要なものがあります。それは正しいやり方で大量行動するということです。間違ったやり方で大量行動しても効率が悪く目標を達成することは難しいでしょう。

    成績(偏差値)をどんどん伸ばす正しい受験勉強の秘訣はこちらに書いてあります。難関資格試験に合格するのにも役立ちます。

    あなたの中の天才が目覚める勉強法

    PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 マーケティング・コーチの戦略 All Rights Reserved.